Fontaine Bleau

20th ANNIVERSARY フォンテーヌ・ブロー創業 20周年を経て 20th ANNIVERSARY フォンテーヌ・ブロー創業 20周年を経て

20th Anniversary20th Anniversary

創業20周年記念企画の年を終えて
2018年の4月にフォンテーヌ・ブロー創業20周年を迎えこれまでの20年、そしてこれからの20年を見つめ直して見ようと思い、今までの経緯を1年4期に分けて振り返る1年にして見ました。一旦過去に戻り未来までのフリーロードマップを感じて見たかったのです。 助走路の方向性は決まり、飛躍の為の準備行動が始まってゆきます。 過去の棚卸と断捨離は思考が整理されてとても良い状態になりました。成長の為の方向性とすべき事が決まり始めています。

1997年4月22日に山中湖の森の中に家族共移り住んで始めた「ペンション フォンテーヌ・ブロー」を皮切りに、2002年12月白馬村にて開業。2006年4月箱根に開業。2016年熱海に開業。 夢中の20年間でした。「本音・本気・全開・全力」の掛け声が生まれたのもこの頃でした。帝国ホテル勤務時代、フォンテーヌ・ブロー創業から現在と丁度20年ずつ等しく経ち、気が付けば還暦となっておりました。様々な経験から得ることが出来た知恵や考え方、並びに「気」の置き方など、踏み台となりつつ全社員と共に「いい会社作ろう」「役に立てる人になろう」「素敵だね その笑顔」「幸せのかけ流し」「おもしろそうだね」そんなコミュニティーが出来ればお客様にも少しは、「お福分け」が出来るのではないだろうか、そう考えています。

改めて今まで関係各位様、並々ならぬご支援とご鞭撻を頂きつつ何とかやって来ることが出来ました。お世話になった皆様への「恩返し」をめざし一層の精進を重ねてまいる所存です。

20周年 記念プランはこちらから

Photo album

Yamanakako 山中湖

Yamanakako 山中湖 Yamanakako 山中湖
Yamanakako 山中湖 Yamanakako 山中湖
  • Yamanakako 山中湖
  • Yamanakako 山中湖

Hakuba 白馬

Hakuba 白馬 Hakuba 白馬
Hakuba 白馬 Hakuba 白馬
  • Hakuba 白馬
  • Hakuba 白馬

Hakone 箱根

Hakone 箱根 Hakone 箱根 Hakone 箱根 Hakone 箱根 Hakone 箱根 Hakone 箱根
  • Hakone 箱根
  • Hakone 箱根

Atami 熱海

Atami 熱海 Atami 熱海 Atami 熱海 Atami 熱海 Atami 熱海 Atami 熱海
  • Atami 熱海
  • Atami 熱海

Tradition

オーナーシェフ 斎藤 厚男
料理人として皇室や世界の国賓をもてなした帝国ホテルに20年間勤務。
総料理長 故・村上信夫氏に師事。その魂を受け継ぐ。

Tradition

Chef

オーナーシェフ 斎藤厚男

オーナーシェフ 斎藤 厚男

1958年 千葉県市原市に生まれる。
スキー好きが高じてフランス語圏の国に憧れたことからフランス料理の道へ。料理人として皇室や世界の国賓をもてなした帝国ホテルに20年間勤務。総料理長 故・村上信夫氏に師事、その魂を受け継ぐ。

シェフの想い

創業以来今感じていることと今後の指針

  1. 都会では感じにくい自然の力

    説明なき自然現象の圧倒的な力と共に人が生きること、逆らわずに利用する事を学ぶ。
    理に叶うとはこういう事なのか。自然の理。(自然も機械も人も愛が同じように必要)

  2. 譲っていい事と、譲ってはならない事

    会社(ホテル)の土壌は経営者・運営者が創り、風土はお客様と共に創る、という事に気付いた。

  3. 始める事、継続する事、成長する事、要素は後ろの方が大きく楽しく発見が多い

    人の目に見える事と、見えない事の量的バランスが重要で、見えないところに成長の手がかりがある。
    見えないものを形にする表現者としての醍醐味。

    ハードウェア | ソフトウェア | 動機 | 意思 | 行動 | 改良 | 達成 | 喜び

  4. フォンテーヌ・ブローの理想のホテルは?どこを鍛えるべきか

    人は、さまざまな環境と経験に基づく価値判断をしますから、大局受容して幸福出力を心がける。幸あれ・・・。

    意志と感情の交流 > コミュニケーション | 心・感情・意志・距離感 > 情報・状態

  5. 仕事と人生と幸福感の関係

    なんでも面白がる能力。遊び化力。
    ホテルには人の営みの大部分があるので、人間力にバランスが付いてくる。
    人はみんな違う、だから楽しい。
    できない事が出来る様になったとき、次を探している。
    感動共有をしたくなる。

    「傍楽(はたらく)楽園」を目指して20年、中心に置きたい事は、立体的なコミュニケーションで繋がっている状態。

    • 情報・状態=横軸とする
    • 意思・感情=縦軸とする
    • 受容する心=奥行とする

    意志と感情が交流するコミュニケーション力をつける事かな。

いろいろまだ道半ばでありますが、学びつつ順次フォンテーヌ・ブローのおもてなしに厚みを増していきたいと思います。
心新たに2018年度からの「フォンテーヌ・ブロー」にご期待ください。新しくて懐かしい、安定感のある伝統、心和む距離感等に意識してまいります。まだ見ぬ日本の素敵な姿と出逢えます様に。想いを形に・・・。